和歌山県農協共済福祉協会

健康・福祉事業

健康管理・増進活動

〇動脈硬化測定・骨密度測定
組合員・地域住民の健康づくりに貢献するため、生活習慣の改善・予防を目的とする。

動脈硬化測定骨密度測定

〇健康診断・特定健診及びがん検診
JA共済の福祉活動の一環として、共済契約者および家族の健康を守り疾病の予防と早期発見・早期治療に寄与することを目的とする。

健康診断

〇健康教室
各種予防教室や健康学習教室を通じて、健康づくりのための知識や実践することの大切さをより多くの組合員・地域住民に周知してもらうことを目的とする。
(1)健康診断後の事後指導(講話を含む)
(2)動脈硬化測定・骨密度測定の実施後の栄養指導等(講話を含む)
(3)生活習慣病予防教室
(4)ウォーキング講座
(5)健康づくりのための講演
(6)その他健康管理に関する講話等

健康診断

【レインボー体操】
組合員の皆さんの心と身体の健康を保つことを目的とし、JA共済が独自に開発した健康体操です。
心臓に負担をかけないやさしい動きで、立っても、座っても、寝てもできますので、体力に自信のない方、お年を召した方にも安全に行っていただけます。色々な音楽に合わせて楽しく体を動かしながら、病気予防・健康づくりができます。

【笑いと健康教室】
笑いが健康に与える効果(ストレス軽減・免疫力の向上)に着目し、笑いと健康に関する教室を実施し、組合員・地域住民の健康づくりに寄与することを目的とし、4種類(A~Dパターン)の「笑いと健康教室」DVDで笑いの効果を学び、体操により笑うための準備を行います。
また、その後、参加型のゲームやDVD収録の落語や笑いヨガなどを通じて「笑い」を実践し、全員で和気あいあいと楽しんでいただきます。
みんなで楽しく笑うことで、気持ちや体がどのように変化するか実感できます。

レインボー体操笑いと健康教室

◯健康・介護ほっとライン
生活習慣病予防や肥満などの生活全般の健康相談、医療機関の情報提供、育児・介護などの相談を専門スタッフがフリーダイヤルで対応し、組合員や地域住民の健康維持・増進および介護を支援するサービスです

健康・介護ほっとライン

高齢者福祉活動

〇高齢者生活支援
高齢者が健康でいきいきと暮らせるよう、高齢者自身の生きがいや生活の援助を要する高齢者への助けあいの輪を広げ、生活に「うるおい」と「やすらぎ」の場を提供することで地域社会の活性化を図る。
(1)高齢者生活支援(給食サービス、一声運動・巡回、昼食会、外出・身辺介護・買物支援、施設慰問 等)
(2)JA健康寿命100歳プロジェクト(介護予防体操教室 等)
(3)ミニデイサービス・ミニデイサロン(地域の茶の間、交流 等)
(4)高齢者生きがいづくり(ボランティア活動、文化活動 等)
(5)高齢者との交流(健康学習、伝承活動 等)

交通事故対策活動

〇交通安全教室
関係機関との協力実施により、交通事故の怖さや交通ルールを認識させることで、地域社会における交通事故防止と交通安全意識の向上を図ることを目的とする。
(1)正しい歩行および自転車の安全な乗り方
(2)交通安全ビデオ等による交通道徳教育
(3)交通安全講話
(4)交通安全ミュージカル
(5)交通安全アンパンマンキャラバン
(6)ドライビングシミュレーターの活用
(7)交通安全落語による笑いと注意喚起
(8)その他交通安全に関する事項

《交通安全落語》
高齢者の交通事故をなくすことを目的とし、JA共済オリジナルの「交通安全落語」で笑いながら交通安全の意識を高め、JA共済オリジナル健康体操「レインボー体操」で身体機能の低下を予防。誰でも楽しく参加できる内容になっています。

交通安全落語

地域における協同活動

〇くらしの活動
JAと組合員・地域住民とのつながりを強化